京都大学大学院理学研究科化学専攻

分子系

世の中の化学反応のほとんどが物質の表面や界面で進行しています。従って表面における分子の反応素過程を原子レベルで理解することは,触媒の解明に重要な要素であるとともに,化学の本質に関わる普遍的な課題です。本研究室では,固体表面に吸着した分子や原子を1つずつ観察して,その吸着構造や反応,ダイナミクスを調べます。原子レベルで規定された環境を用意することで,個々の分子の挙動を物理的に理解し,表面上のナノメートル領域において分子が示す特異な反応性を明らかにします。それにより化学反応における固体表面が果たす役割について,その一端を突き止めることを目標にしています。

PAGETOP
Copyright © 京化・表面化学研究室 All Rights Reserved.